給与計算ピット > システム導入支援 > 勤怠管理システムの概要

勤怠管理システムの概要

勤怠管理の問題点

社員の勤務状態の把握や勤務表作成・給与計算まで、社員の方の勤怠管理を行っていくうえで こんなことで困っていらっしゃいませんか?

  • 「社員の正確な勤務時間・遅刻早退・残業時間の把握に時間がかかる。」
  • 「社員の勤務状況を日々把握できない。」
  • 「勤務表の収集に手間がかかる。」
  • 「タイムカードと勤務表との突合せに時間がかかる。」
  • 「リアルタイムに処理ができないため毎月の締後の処理が大変。」
  • 「勤怠データを給与システムへ手入力して給与計算をしている。」

勤怠管理システム導入のメリット

勤怠管理システムを導入することにより手書き・手計算を省き、勤怠管理から給与計算 までの事務処理と時間を大幅に削減いたします。

  • 会社全体・社員毎の勤務状況をリアルタイムに確認が可能。
  • 勤怠管理にまつわる集計作業時間の大幅な削減。
  • 手集計を省くことによる計算間違えの防止。
  • リアルタイムに処理することによる締後業務の軽減。
  • 自社にあった集計項目を設定することで柔軟な集計が瞬時に可能。
  • 勤怠データを利用した給与計算。

勤怠管理システム概要

勤怠管理システムの概要

勤怠管理システムは社員の出退勤データを各タイムレコーダーからデータとして収集し、設定された情報を基に、勤務時間数・日数・残業時間等を個々に集計、自動計算し給与計算ソフトへ必要なデータを引き渡します。

勤怠管理導入のメリット

社員がタイムレコーダーに打刻するだけでタイムレコーダーに出退勤データが蓄積されます。打刻されたデータは勤怠管理システムへ定期的に取り込むことで勤務時間等を自動集計するため手集計する手間と計算ミスを防ぎます。
さらに締め後の作業はデータの最終チェックを行い、給与システムに必要なデータを作成するだけですので、勤怠管理における集計業務の簡略化と平準化を実現します。

勤怠管理システムの種類

勤怠管理システムは打刻形式の違いやデータの蓄積場所により大きく3つにパターン化されます。

タイムレコーダーでの運用ケース

  • 設置されたタイムレコーダーにフェリカカード等のIDカードでの打刻を行います。
  • 小〜中規模の拠点数の少ない法人様での運用ケースが多く見られます。

Webレコーダーでの運用ケース

  • 社員の方のパソコン上の打刻画面より打刻を行います。

ASPでの運用ケース

  • Webレコーダでの打刻と同様にパソコン上の画面での打刻や外出先からモバイルPCや携帯電話からの打刻が可能となります。上記の2つのケースとは違い打刻されたデータは各メーカの設置するデータセンターに蓄積されます。
  • 大規模法人や店舗の数が多い企業様での運用に適しています。

【2. 勤怠管理システム 処理の流れ へ】

お問い合せ・お見積はこちらから

お問い合せフォーム
見積依頼フォーム

業種・ソフト特化サービス

給与計算ソフト特化型 給与計算代行サービス

フランチャイズ本部様向け 給与計算代行サービス

飲食店様向け 給与計算代行サービス

タイムレコーダー
本体と使い方のセット

タイムレコーダー導入パック

給与計算業務リアルタイム配信

給与計算実務リマインダー